今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

Inspiration

それは20日のことだった。明日23日に部活の納会で3人の女性の先輩に渡すプレゼントは何がいいか考えていた所、頭にすぐ浮かんだのが                            東 信(アズマ マコト)さんの顔だった。そう、彼に出会ったのはかなり前のTV番組「情熱大陸」の花屋として紹介されたときだった。
それは衝撃だった。花を「たかが花」と扱われたことに涙を流して、花に対してのイメージを変えてやる、そう熱く語っていた姿に心を揺さぶられたことを今でも覚えている。
あれから、大切な人に何か送る機会があれば、東さんの店で自分でフラワーアレンジメントをしようと心に決めていた。それが実現したのが20日だった。
f0121536_6212946.jpg

銀座の一等地にあるその店は
           JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)。
フランス語で「花園」を意味する花屋なのである。
後輩を連れて店のあるビルの地下におりていき、店に入った。
そこには真っ白い空間が広がっていて、置いてあるのは花瓶や机、棚といったモノだけである。
そこには「花」がない。いつもとは別世界に来た感覚におちいった。机の上には、3人の先輩のイメージを伝えてから用意してもらった3色の花が置いてあり、真っ白な中で輝きを見せていた。その日、教えてくれた先生は椎木俊介さん。人生の中で出会えてよかったな、そう思わせてくれる人だった。そこからの2時間はあっという間で後輩と二人、気持ちをこめて一心不乱に一気に作りあげた。誰かのために、相手のことを思いながら、もくもくと作り上げていく。そんな時を過ごせたことが純粋にうれしかった。明日、納会で三人が喜んでくれれば最高です。あの時いう機会がなかった「ありがとう」をより伝えられれば何よりです。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-22 06:41 | Life