今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

American Dream!!

今年もMLBで多くの日本人が自分の力を試すべく海を渡った。世界の舞台で力を試す場がいまや当たり前になっているが、そうなったのもここ数年だろう。今、日米どちらも一番の注目はイチローでも松井でもなく、松坂。そう、甲子園で伝説を作った男はメジャーの舞台でまた新たなスタートをきったのである。僕も今では体を動かす機会は減ってしまったが、小学3年から高校まで野球漬けだった。高校はそんなに強いチームではなかったが、甲子園は本気で目指していた。高校1、2年の時、松坂は甲子園で「怪物」と呼ばれ、これが同じ高校生で同じ投手だと思うことは難しかった。
f0121536_0184314.jpg

WBCですでに世界の注目は集めていたが、彼は今メジャーの舞台で期待通りともいえる活躍をしている。TVの報道で練習中のあどけない笑顔を見ると、周囲のプレッシャーや環境の変化など不安なことはたくさんあるはずだが、それを感じさせない。26歳という若さがそのまま感じられる。今年24歳になり、来年新たな世界に挑戦しようと思っている自分には同年代の松坂の活躍はとても勇気づけられる。「Athletic Trainer」を職業として、世界の舞台で活躍したい。これが、僕の夢である。言葉の壁は大きいだの働く場が少ないだのそんなことは関係ない。自分の夢をかなえるためには、やるしかなく信じるしかないのだから。そこに「願い」や「情熱」があれば、あとはそれを元にいかに行動できるか。
この春とっている「Academic skills for study abroad」という授業も手伝って、留学準備が一気に加速し始めた。もう、後戻りはできない。背中を押してくれる多くの人にも感謝をして、やるしかない。やってやろうじゃないか。
[PR]
by ichiharatr | 2007-04-17 00:42 | Life