今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

門出

f0121536_21312451.jpg

今日の朝まで昨日飲んだワインが身体に残ってちょっと調子がでませんでした。
そう、昨日は卒業式でした!!単位ギリギリだったので本当に卒業できてよかった(泣)
大学4年間のすべてがBIG BEARSだったといっていいくらいなので、昨日は学校のゼミや友達と多く過ごしました。
人科でのキャンパスライフと言えば、ほとんどゼミ。大学だとなかなか関係が薄かったりで、毎週顔を合わせて相手のことも良くわかるゼミが一番楽しかったかな。先生が強烈だったのが前提として、卒論も納得のいくものを書けたし良かったなってね。
夜には新宿ワシントンホテルの最上階のレストランでゼミの謝恩会!!
よくこんないい場所探してくるな~て女性陣に関心。野郎どもは何もせず基本お任せだったからね。でも、最後こういう場を持ててとても良かった。すごく楽しかったしね。

うちのゼミの先生は個人的には大好きなタイプの先生です。
人科の授業では恐らく嫌っている生徒も中にはいると思う。
遅れて授業に入ってきた生徒には注意するし、寝ているやつも許さない。
授業自体も全く妥協なしで、やばい量のパワーポイントが使われて皆腱鞘炎の疑い(笑)
ゼミでも最後の卒論指導の時は個人個人に内容や取り組みに対して、めちゃくちゃ厳しく、
女の子は泣いてやってた子もいるくらい。
でも、今の時代なかなかいないタイプの先生でした。生徒の成長を思って、鬼になれる。
そんな先生、いや大人はもう少なくなっているんじゃないかな。

昔から思うことは、「本気で怒ってくれる、相談にのってくれる人は宝である」ということ。
本当に大切にすべき存在ではないかと思います。怒るのにもエネルギーは要るからね。
そして、「自分に妥協しないこと」と「自分をあきらめないこと」を学んだ気がします。

出会いがあれば、別れがある。それぞれ新しい道へ進みますが、どの人ともずーと繋がっていたいものです。
そして、4年間支えてくれた両親に感謝です。まだまだお世話になります(笑)
---------------------------------------------------------------------------------------------
また、U19で日本で最後の現場活動だっと思っていましたが、もう一仕事してきます。
大学付属校ラグビー部の合宿帯同で山梨学院大学まで行ってきます。
臨時TRですが、29~31の3日間で3試合という鬼のスケジュールです。
TRも自分一人なのとラグビーは動き方も変わってくるので、多少不安。でも、できることをやってきたいと思います。今回は対価をもらって行う仕事。別にお金が絡む絡まないで、自分がやることが変わるわけではないのでいいですが、今まで学生トレーナーとしていわばボランティアとしての4年間だったので、ちょっと違和感が。。。でも、将来これで飯を食うということはこういうことなんだよなと思う部分もあります。
ボランティアにどうしてもなってしまっている日本ではあるので、自分が対価をもらうだけのことをする力があると自信を持っていえるレベルがまずは目指すべきところですね。
また、新しい発見があると思います。英語の勉強も仕切りなおしで頑張るぞ!!
[PR]
by ichiharatr | 2008-03-26 22:03 | Life