今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

挑戦

昨日は昨年のW杯韓国代表をサポートした際にお世話になった信博さんがK-1の初戦を迎えるということで、応援にいってきました。3/2にK-1のトライアウトに準合格を果たし、アメフトの世界から格闘家の道へ挑戦しています。この試合までの準備など信博さんのBLOGで応援させて頂いてましたが、実際目の前でその戦いを見ることができ、やはり何かに挑戦している姿は自分の気持ちも震え上がらせてくれます。
f0121536_16385911.jpg

結果は、ドロー!相手は4戦の経験があるキックボクサーということでした。
2分2ラウンドの試合でしたが、この2分が見ているこちらでさえ長く感じ、リングの上での集中力を考えると相当体力を消耗するのではないかという印象でした。
やはりテレビで見るようなK-1選手が自分の思うようにパンチやキックを繰り出すことは、今回の試合を見てもとても技術と経験が必要なのだなと思いました。相手の攻撃を防御する中で、自分の思うように攻撃をすること、躊躇せずに一連の動作を最後まで完結させることは本当に難しいことですね。
試合後、信博さんと少し話すことができましたが、やはりイメージどうりの動きはまだ程遠いよう。これからまた今回での課題を練習で克服して次の試合では進化した姿をみせてくれると思います。

実力主義の世界への挑戦。そして、結果がすべての世界でもあり、そこへ足を踏み入れたのも挑戦する本人の決断。諦めても結果が出せなくても周りの皆は励ましの言葉をかけてくれるかもしれない。でも、そこで戦っている本人はどれだけ自分を追求していけるか、納得のいく準備ができるか。そこには常に自分自身との戦いが待っていて、成功するもしないも自分次第。
もちろん、周りの人の応援や支えには当然感謝を忘れない気持ちは根底にはある中で、そういう人達がいるからこそ、なおさら自分自身に妥協はできないと強く思うのではないだろうか?

私も実力主義の世界へ挑戦する身としては、信博さんのこれからの戦いを応援していこうと思うし、それに負けないくらい自分自身も頑張らなくちゃ。
最後は、自身が納得できるか出来ないか。そこを追求するからこそ、より上を目指し、走り続けることができるはずです。

↓同期のマネージャーと一緒に応援に行きました!!!
f0121536_17295781.jpg

[PR]
by ichiharatr | 2008-04-21 17:30 | Life