今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

Movement

「子供達が健康で安全に運動ができる環境づくり」を目指したい。と以前の日記で書きました。そして、「高校へのアスレティックトレーナー参入の可能性」に関しても触れています。
このような将来的なビジョンをどんどんブラッシュアップさせて行く為に渡米までにいくつか掲げたことがあります。そして、今後のビジョンをより突き詰めて考えることでハワイでの生活の仕方やアメリカで働く場所を考える際にも大きく影響をしてくると思っています。
そして、残り一ヶ月日本でできることは何なのか?を考えた時に一番大事なのは、今現時点での日本の現状を知ること、動きを知ること、そして、留学後も継続して日本の変化というものにどう関われるか、自分がどんな動きを出せるのか。
このことを何人かの方と意見交換させて頂く機会の中で、自分のビジョンを変化させていきたい。そこで、浮かび上がってきたのは4つのことでした。

①高校のアスレティックトレーナー現場の現状を知りたい。
②地域でのスポーツ活動や公共施設などへのアプローチの現状を知りたい。
③University of Hawaiiと仙台大学の提携においてどのようなことを行っていて、
  これからどういうビジョンを持っているのかを知りたい。
④学校(中学、高校)という組織の中はどうなっているのかを知りたい。

①に関しては、以前の日記でも書いたように常勤アスレティックトレーナーの先生を訪問させて頂き、施設見学及び現状というものを知ることができました。ここで、聞かせて頂いた話によっても私の考えは大きく変化しました。

そして、今日は②の部分に関して行動を起こしてきたので書きたいと思います。
自分がやりたいと考えていることをあるやり方で現実の活動として行っている団体があります。
その団体は「Sports Safety Japan」というNPOです。
現在はATCが3名で基本的に活動をしているそうです。今日は貴重な時間を頂き、お話を聞かせて頂きました。

f0121536_1521666.jpg

↑ Sports Safetyの紹介パンフ。目的、活動内容と携帯eラーニングの紹介。
細かい活動内容に関しては、HPでぜひぜひCHECKして頂きたい。
課題として、
★現状、国内では数千万人規模のグラスルーツ(草の根)スポーツプレーヤーがスポーツを
楽しんでいるが、スポーツセーフティーの知識・スキルを有する指導者が帯同しているケースは稀。
★公式大会主催者やスポーツ施設管理者においても同様。
★スポーツ種目によっては、エリート、トップアスリートレベルにおいても同じ状況が散見される。
★ 顕在化しない事故は多く存在し、死亡事故や重篤な後遺障害が残るケースも多数起きている。
★たとえグラスルーツレベルであっても、指導者へのスポーツセーフティー資格取得を義務づ けている欧米と比較して大きく遅れている。
をあげており、まず「安全であること」が大事ということ。

活動内容として、
携帯を使ってのeラーニング(これはぜひ携帯から登録して、やってみてください。)
⇒応急処置の手順をクイズにしたり、ハンドブックとして緊急時の対応が見れたりします。
学生TRの皆も意外とあやふやな部分を発見できるかも!?もちろん、これは指導者や一般の方にも身近なようにという意図もあるでしょう。
全国各地でのセミナー
⇒現在は無料でできる範囲で行っているということ。まずは普及させることを最優先に。
公共施設の管理者対象としてのセミナーをしてほしいとすでに20弱の市から依頼が来ているということ。市から来ているということは、その市にあるすべての公共施設で行うということである。
将来的には、そこで管理者へ行ったsports safetyのセミナーをそこの管理者がそれぞれその地域の指導者や市民に提供できればいいということ。
コーチライセンスの講習の中に、sports saftyの分野を組み込む
まだまだたくさんのことを現在行っていたり、準備中だったりしているということです。

お話を聞いていて感じたことは、とても自分がやりたいこととマッチしていたということ。そして、まだまだこれから大きな動きに変わっていく。その最初の段階だということ。
そして、高校での常勤アスレティックトレーナーの先生に聞いた話と今回のお話を聞いて、自分は別の動きとしてどういう動きができるか。それが、一気に頭の中で沸いてきて、ノートに書きとめました。

残りの③、④の動きを起こしたら、また新しいレベルの考えができるのではないかと考えています。そして、留学生活の中で今後必要になってくること、意識しておくべきこともアドバイス頂きました。

★将来的に上記のようなことをやりたいと思うのであれば、一人のATCとしてSpecialityを持っていなければならない。これは、働くことを考えても絶対に必要。
そして、実績が必要。トップチームからHigh schoolでの活動まで幅広く経験していること。
これは、周りの人からこういうビジョンを聞いてもらえる立場になるという意味でもある。

★Specialityとしても、ハワイ州でなぜ高校にATC配置が条例化できたのか。その背景を知る、勉強する、できればハワイの中でそういう分野での動きに参加できる立場へ。

★日本との情報交換や同じような志を持った仲間の広がり。
⇒日本との繋がりとしては、大学4年間で作った輪や仙台大学とハワイ大学の提携活動への参加。

こんなことを念頭において、留学生活も送る必要がありそうである。
しかし、今個人的に求めるのは同じような考えを持った仲間がほしいということ。
結局、一人でこんなことを考えて実行に移すのは難しい。意見交換や一緒に動きを起こす人を探していきたいと思う。今日、ノートに書きなぐったビジョンには教員の存在もかなり大きい。
以前の日記でのコメントで、学生TR出身で教員になる子も多くいて、この分野にも興味がある人もいた。いろいろなアプローチがあると思うが、やはりそういう考えを持った人とできるだけ繋がっていたい。ぜひ、これからもこんな内容の日記を多く書くと思うが、同じような考えをもった人がいれば連絡をしてほしいと思います。
恐らくこの分野の人であれば、皆が思うことだけれども、最終的なライフワークにしたいかどうか。中心で何か動きを自分が起こそうと思うかどうか。

残りの二つ。
③University of Hawaiiと仙台大学の提携においてどのようなことを行っていて、
  これからどういうビジョンを持っているのかを知りたい。
④学校(中学、高校)という組織の中はどうなっているのかを知りたい。
に関しても今、計画中なのでまた書きたいと思います。
[PR]
by ichiharatr | 2008-05-16 01:55 | Athletic Training