今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

海外で活躍する日本人トレーナー

f0121536_044278.jpg今日の日経にこんな記事が出ていました。アメリカはアリゾナにあるAthlete's Performanceというトレーニング施設で働いている日本人の咲花さんの記事です。以前、2005年だったと思いますがアスレティックトレーニング研修でアリゾナへ行った際にこの施設を訪れて、咲花さんにも講義をしてもらいました。以前にも他の新聞に記事として掲載されていたのを覚えています。今回はサッカー欧州選手権のトピックで現在ドイツ代表をサポートしているという内容で書かれています。やはりこういう形でトレーナーが紹介されると、一般の方もそんな人がいるんだーと少し関心を寄せてくれるのかなぁと思います。
メディアの力はいい面悪い面ありますが、やはりこれからアスレティックトレーナーの認知度を上げていくには必要かなと。確か学生トレーナーの集いでもそんな話があったっけ!!

最近では、アスレティックトレーナー=アメリカのような考えはもうなくなってきたかなと思います。一時期は本当にアメリカへ渡っていく日本人はたくさんいましたが、大学へスポーツ医学関連の学科が出来たことによる一時のトレーナーブームというのは最近少し落ち着きましたね。また、目指す学生がそれぞれどういうトレーナーになりたいのかをしっかり考えるようになったのかもしれません。確かに日本で働くのであれば、日本で医療資格や日体協ATを持てば目指すことができますからね!自分に何が必要なのか、将来どういう環境にいたいのかでも目指すべき進路も変わってくるのは当たり前です。私はそれがアメリカにあった。ただそれだけです。

今ちょうどアメリカでは卒業シーズンのようですね。
私が学生TRとして活動し始めた2005年。その頃からセミナーなど外部に積極的に出ていました。初めて行ったセミナーがHiroさんの「肩のインピンジメント症候群」に関してでした。そこには当時まだ大学生だったオマハのかなえさんテキサスの吉部さん、そして、ドイツのHitomiさんもいらっしゃって、懇親会で沢山の方と話すことができました。今思えば、なかなか一変に出会えない方々とお会いでき、これから海外を目指すという話を聞かせてもらったのを覚えています。
そして、その3人は全員本当に海外へ勉強しに行って、先日アメリカの大学院を2人は卒業されました。この4年間、ほぼ毎日先輩方のBlogを見ながら、自分は学生TRをし、将来行くことを漠然と夢見ていたんです。また、2月に視察で見学に行った際お世話になったアーカンソーのゆっけさんとテツさんも卒業ということで、本当におめでとうございますと日本で勝手にうれしくなってます!そして、これからそれに続くぞーという気持ちにもなるし、先輩方がプロとしてどういう進路を歩むのかもすごく興味がある所です。世界にはたくさんの日本人が活躍しています。将来、日本のために何ができるか。そう行動を起こしていけるのか。楽しみですね!!

私はUniversity of Hawaiiへですが、今ビザ申請の準備でゴタゴタしていてそれが終わってから報告しようと思ってましたが、いつになるか分からんので簡単にご報告を!!
出発は6/22を考えています!8/25から大学の授業なので、それまで語学学校へ。これを7/7~にしました。そう、節目ということで25歳の誕生日の日ですね。始めはHomestayをして、英語だけの生活にできればと思っています。また、ゴタゴタが終了したら、ビザ取得までの手順など合わせてアップします。お世話になった方々にも報告しなくてはならないので、早く終わらせたいものですね。
[PR]
by ichiharatr | 2008-05-21 00:46 | Athletic Training