今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

無事ハワイの地へ

f0121536_14115069.jpg
というのは、TOEFL勉強会の企画の話でまだ実際には行ってないないですよ!!
7月5日のPM8時頃に成田から飛び立ちます!!!

ハワイ企画」は無事達成できました。皆ありがとう!!

チャレンジャーの窓から下を見下ろすと、なんとダイヤモンドヘッドの上に虹がかかっているではないですか!?なにかハワイの地が皆の頑張りを祝福し、ガチャの新しいスタートを応援してくれているようです!そして、これからのハワイでの生活をイメージし、決意を固めているガチャがいる中・・・・

ピンポンパンポーン♪

CAササキッチー:「ガチャ様へお知らせがあります!当機はすでにハワイの上空に差し掛かっておりますが、乗客の皆様の援助の思い、それぞれの取り組みが想像以上に強かったため、急にその思いを静めることは難しい状況です。
そこで、ガチャ様には誠に申し訳ないですがMain Landへ軌道修正をし、200%様のルート66制覇のためにこのままフライトを続けさせて頂きます。乗客の方々はそのままの思いを引き続き、200%へお伝えください!」

そのアナウンスがあった直後、今まで機内で流れていたハワイアンな曲が聞えなくなったと思ったら、Route66のテーマ曲が・・・

ガチャ:「Noooooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!わしはここで降りてかなえる夢があるんじゃー」

しかし、ガチャはそう思う一方でこのまま大切な仲間と一緒に200%を応援するのも悪くない。皆と離れたくないーと思ってしまうのであります。

ダッダッダッダ!!!何かが近づいてきた!そう思った瞬間にはもう遅く、CAササキッチーが笑顔でガチャの手を強引にとり、機体の外へどりゃーっと投げ出したのです。

CAササキッチー:「短い間できたが、チャレンジャー号のご利用ありがとうございました。ハワイの地でよき旅をお続けください!」

またしても、
ガチャ:「Nooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!(泣、鼻水ジュルジュル)

徐々に近づいてくるハワイの地を眺め、どんどん離れていくチャレンジャーの背中を見ながら、ガチャはこんなことを思っていたのでした。

------------------------------------
大学卒業後、孤独に勉強をしていた私は本当に今のこの環境にいることができなかったら、今頃どうなっていたのかな。そもそもこういう環境自体、佐々木さんがいなければ、今の大切な仲間がいなければ、そして、それぞれの最初に参加しようと思う決意とその時のアクションがなければ、今のメンバーと環境に私が出会うことはなかったんだよな。今考えると、当たり前に横にいるメンバーもそんなことを思うと、不思議な感じですね。
こんな短い期間でこんなに深く相手のことを考えて、知って、与え与えられる関係は今までの人生でもなかったのではないかな。今回の企画もしかり、それぞれとの関係が今は何よりの宝物です。こんなに応援してもらっていたら、自分の可能性を疑ったり、冒険できなかったり、そんな自分では絶対にいられない。
そして、これからも一生お互いがお互いを応援できるそんな関係でいられると思っています。
今回の企画に対して私は自身のブログでこう書きました。
「なし遂げる価値のあるもので、一人で達成できるものなど一つもない」
それは、この勉強会で学んだことです。自分のことばっかり考えていて、誰が応援してくれるのですかと。

あなたが大きな夢を持っているとしましょう!その夢が大きければ大きいほど、目の前に立ちふさがる壁はどんどん大きくなります。それを見て、もしかしたらこんな壁を乗り越えることが私にはできないと壁を見た瞬間に思ってしまうかもしれません。その時、あなたにはそう、壁しか見えていないんですよ!
でも、本当はその見えない壁の向こうで「頑張れ~ガンバレー!おまえならできるよー」そうやって沢山の人が応援しているんですよ。その人はもしかしたらまだ会ったことのない人かもしれない。でも、あなたの夢がかなったら間違いなく喜んでくれる人達です。どうでしょう。そこであなたが壁を乗り越えてくることを待っている人達を信じることができず、自分にはできないかもと思ってしまうことがどういうことか。確かに人は気持ちの浮き沈みがあるし、うまく行かないこともあるでしょう。でも、私達はすぐ近くにその応援団がついているじゃないですか。皆同じ壁を目指しているじゃないですか。頑張りましょう!!自分を信頼して、こつこつと。「凡時徹底」これですね!
浪人時代、何かあると聞いていた曲です!
「難しく考え出すと結局すべてがいやになって、そっとそっと逃げ出したくなるけど。高ければ高い壁のほうが登った時気持ちいいもんな。まだ、限界だなんて認めちゃいないさ!」
[PR]
by ichiharatr | 2008-06-16 14:16