今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

カテゴリ:Life( 57 )

克己

今日、TVで「早稲田大学が麻疹で休講」というニュースがたくさん流れていましたね~。そう私もその学生の一人なのでこの1週間はお休みです。それよりなにより部での対応が大変です。
競技スポーツセンターは対応が遅いから、すぐに動けないし、そもそも麻疹ではないという診断は潜伏期間等考えて出すのが難しく、簡単に出せない。なので、抗体検査をして、抗体があればOKという形にしました。予防接種も打ってから抗体ができるまで2週間はかかるらしい。小さい時に接種していれば、90%の人に抗体は残ってるらしいよ。こんな話を今日言った馬場の診療所の先生と医学トークで盛り上がりました(笑)。どちらにせよ検査結果がでるまで1週間はかかるので、部活再開は来週ですかね。家でおとなしくしてますか!!
しかーし、今日は週に一回のPILATESのSESSIONの日ではありませんか。迷いましたが原宿まで行ってきました。しょうがないよ、こればっかは。許してみんな!
今日もたくさん発見があってPILATESでは「足底の感覚と使い方」を習いました。そして、今日はリリーステクニックを使って肩と首をケアしてもらいました。このリリーステクニックはベースターズの三浦番長や阪神の藤川球児も受けにきてるんだって。確かに肩と首をやってもらって、一気に楽になりました。自分で無意識に力を入れて制限してしまっている部分をこのテクニックで開放してあげるんだって。アメリカのATCやPTはかなり使ってるらしい。また、興味深いのが出てきてしまったよ。また、詳しいことは後日アップしまーす。

帰り際に原宿駅の横で何か言葉が書かれた色紙が並んでいました。真ん中には「りゅうけん」という名の路上詩人が相手の名前からインスピレーションを受けて詩にするということをしていました。こういう自分の生き方をもっている人に強く引かれる私はすぐに自分も書いてもらうことにしました。ついでに妹の名前でも書いてもらいました。6月3日が21歳の誕生日なので、プレゼントにしようと思ってね。
f0121536_081641.jpg

私の名前は「克裕」。己に勝って裕福な心を持つようにっていう由来かな。りゅうけんさんには名前を書いて見せただけなのに、今の私の生きてる背景や気持ちがまるでわかるような詩を書いてくれました。字にも味があってすばらしい。ぜひ、皆も書いてもらうことをお勧めします。
f0121536_015051.jpg

我がBIG BEARSでも「克己」を掲げているし、自分の中でも今年は己に勝つことができれば、詩にあるような新たな世界という名の光を見つけることができるはず!
さあ、この休みを使って仕切り直しです。
[PR]
by ichiharatr | 2007-05-23 00:19 | Life

PILATES ~SESSIONⅠ~

毎週火曜日にPILATESのプライベートレッスンを開始しました。60分トレーナーの方とマンツーマンです。待ちに待った初回はもう言葉では言い表せないくらいです。たった60分SESSIONをしただけでスタジオに入ってきた時の自分とはまったく別人でした。それは、ほかの人から見てもわかるし、何より自分が一番その変化に驚いています。普通トレーニングのように身体を動かした後はぐったり疲れがでるものですが、PILATESはむしろ元気になって身体が生き返ったような感覚でした。これを身体は求めていたのでしょう!SESSIONで学んだこと、感じたことをBLOGに書き留めていきたいと思います。
=======================================================
f0121536_2242696.jpg

「世の中にはかなりの数の半病人と呼ぶべき人がいる。つまり、十分に健康とは言いがたいが、医学的な治療は必要としないと思える人々だ。その層に属する人々が求めるのは薬ではなくコントロロジーのような自己鍛錬法であるのは明らかだ。」
これはPILATESの創始者であるJoseph Pilatesの言葉である。たぶん、私も半病人と呼ばれるべき人に入るんじゃないかな。いつも疲れている感じで活力がない、そんな状態。上の図はなにか皮肉だけど、人間は技術の進歩など世界が変わってまた退化しているのかもしれないね。やっぱり毎日元気に晴れた気持ちで過ごしたい。

初回のレッスンはまず呼吸から!人間が生きてる中で欠かさず行っているのが呼吸。人生最初の行動であると同時に、最後の行動でもある。しかし、正しい呼吸をしている人、いやむしろ何が正しい呼吸なのかわかっている人がどれほどいるのかということ。今回のSESSIONで得たものは正しい呼吸の仕方、それによる姿勢の変化、そしてそれをすべて自分の身体で感じ、覚えることができたということである。

私の身体の状態から言えば、Upper Crossed Syndrome。肩甲骨が外転し、上腕は内旋して骨頭が前へ、頚部は前方へ突出している、いわゆる猫背の状態。もともと首は湾曲を失っているようでそのためか頚部の筋肉の張りが強い傾向です。まず、最初に行ったのが胸郭を呼吸をして広げ、肋骨と肋骨の間を広げてあげること。正しい呼吸を教えて頂くことで今まで眠って鈍くなっていた筋肉達が目覚めて動き出すのです。SESSIONが終わったころには、呼吸をする時の胸郭の広がり具合はびっくりするほど広がっていました。
f0121536_2474493.jpg

また、上の図でもわかるように胸骨は地面と垂直にあるのではなく、少し斜めになっている状態が正しい位置。これが、Upper Crossed Syndromeの影響で胸骨が地面と垂直になるところまで前方に倒れていたということになります。正しい位置を身体で覚えたことでやはりこの位置が一番楽で自然な状態だと気がつきました。胸郭の位置が少し上に上がったことで目線も何か高く感じ、見えている世界も変わってしまいました。すごい!!
もうひとつは鎖骨と胸骨のラインをT字に保つこと。肩甲骨を内転して胸をはるのではなく、肩を両サイドから横に引っ張られているイメージです。
この二つを意識することで自分が一番気持ちがいい位置に身体を置くことができ、リラックスできる。

ただ呼吸と意識する部分がわかっただけで、一番気持ちがいい位置に身体を置くことができるようになり、なぜか猫背も解消。そして、その位置を身体が覚えたことで背中が丸まってくると身体がその位置には居たくないと言っているかのように語りかけ、自分で姿勢を戻している自分がいます。

来週が待ち遠しくてたまりません。それまでは家で、外でどこでも呼吸を意識して身体を一番気持ちがいい位置におけるようにしたいと思います。まだ、一回しかSESSIONをうけてないけど、もうはまりました。PILATESトークを早く誰かとできるといいなー。では、また~。
[PR]
by ichiharatr | 2007-05-17 03:13 | Life

24

月曜日は部活が唯一ないOFFの日です。でも、授業はびっしり入ってるんだな。卒論指導日がこの日なので、毎週進展具合を報告し、添削してもらうわけです。でも、まあなかなか進まないのが現状。今日は最低ラインの卒論題目の添削をしてもらって提出するだけの状態にしてきました。そして、夜はバイトです。今は夜と朝、二箇所でバイトをしております。なかなかヘビーですがこれも自分のやりたいことをやるためです。
一日24時間。時があるから人は今を大切にして一生懸命生きようとする。一度の人生これでいいのかといろいろ考えるのだ。
バイトに行く前にTVをつけたら、ドラマがやっていたので少し見ていたら、その中の大工のじいちゃんがこう言ってた。
「明日やろうは馬鹿やろうだ。いつも明日があるとおもうなよ!」ってね。
確かになぁと妙に関心してしまった。人間弱いから(俺が弱いだけかも)今日できることを明日に伸ばしてしまうことはよくあること。でも、今日やらないことは結局明日もやらなかったりする。
24時間をいかに使うか。しっかり考えて使いたいものです。

話は変わって、卒論はPILATESをテーマに書いています。そして、創始者(Joseph Pilates)の哲学を身をもって感じるために明日から週一回SESSIONを受けます。実際に自分でPILATESをやってみるわけ。ほんとにこの時を楽しみにしてたんだよね。卒論を書くにあたって福岡の病院と明日行くスタジオに協力して頂いています。
http://www.innerwork-pilates.com/がそのスタジオで卒論の話もさせてもらったら、特別にオーナーがSESSIONをしてくれることになりました。マンツーマンで60分。自分のトレーナーとしてのアプローチ方法に取り入れたいPILATESの真髄を身につけたいと思います。
SESSIONで学んだことは随時アップしていこうと思います。
[PR]
by ichiharatr | 2007-05-15 01:59 | Life

American Dream!!

今年もMLBで多くの日本人が自分の力を試すべく海を渡った。世界の舞台で力を試す場がいまや当たり前になっているが、そうなったのもここ数年だろう。今、日米どちらも一番の注目はイチローでも松井でもなく、松坂。そう、甲子園で伝説を作った男はメジャーの舞台でまた新たなスタートをきったのである。僕も今では体を動かす機会は減ってしまったが、小学3年から高校まで野球漬けだった。高校はそんなに強いチームではなかったが、甲子園は本気で目指していた。高校1、2年の時、松坂は甲子園で「怪物」と呼ばれ、これが同じ高校生で同じ投手だと思うことは難しかった。
f0121536_0184314.jpg

WBCですでに世界の注目は集めていたが、彼は今メジャーの舞台で期待通りともいえる活躍をしている。TVの報道で練習中のあどけない笑顔を見ると、周囲のプレッシャーや環境の変化など不安なことはたくさんあるはずだが、それを感じさせない。26歳という若さがそのまま感じられる。今年24歳になり、来年新たな世界に挑戦しようと思っている自分には同年代の松坂の活躍はとても勇気づけられる。「Athletic Trainer」を職業として、世界の舞台で活躍したい。これが、僕の夢である。言葉の壁は大きいだの働く場が少ないだのそんなことは関係ない。自分の夢をかなえるためには、やるしかなく信じるしかないのだから。そこに「願い」や「情熱」があれば、あとはそれを元にいかに行動できるか。
この春とっている「Academic skills for study abroad」という授業も手伝って、留学準備が一気に加速し始めた。もう、後戻りはできない。背中を押してくれる多くの人にも感謝をして、やるしかない。やってやろうじゃないか。
[PR]
by ichiharatr | 2007-04-17 00:42 | Life

アメフト祭り

今日はアメフト祭りでした。毎年、新入生を集めてフラッグフットやキックコンテストなど皆でわいわいやります。部としては推薦がいない分、ここでいかにいい印象をもってもらえるか、アメフトに興味を持ってもらえるかが鍵になります。TR志望の子も何人か来ています。今年は男の子が多い!!毎年、女の子ばっかりなのでぜひ入ってほしいなと思います。
f0121536_1114758.jpg

[PR]
by ichiharatr | 2007-04-08 01:12 | Life

ネットワーク

最近は多くの人と会う機会が重なって、改めて人脈の大切さを実感しています。先週の土日はJATOのセミナーに行ってきました。自分が目標としている方の講演だったので、部活も休ませてもらって勉強です。懇親会もあったのですが、学生は自分くらいで皆ATC。いろいろ留学の話など相談に乗って頂きましたが、やはりこの方々の仲間入りをしたいというのが今の気持ちです。皆さん、もうプロで活動している方ばかりですが、身体のことに関してずーと勉強している感じ。皆、わんぱくな子供のように話は盛り上がっていました。講演には学生の方の何人かいて、新しい交流がもてました。今日はその時お会いした方からメールも着ていましたよ。こういうところから人脈は広がっていくのだなと感じます。
今日は、ATを目指して今年関西の大学にいくタイシンの後輩と会いました。タイシンの先生からATとはどんなものかアドバイスでもしてくれないかということで、かなり長く話してしまいました。自分の入学当時と被って、なつかしくまたすごい熱意のあるやつだったので、これから頑張ってほしいなと思います。
夜は、大学アメフトの学生TRと飲みにいきました。最近では一番考え方も近くいろいろ聞いてくれるので、長々俺の話を聞いてもらいました。今日は4時間も。まぁ、勘弁してください(笑)
人と話すのは本当に面白いです。初対面の人は特にね。話す中でその人のことが少しずつわかっていくのが楽しいです。
4/1には関東選抜のトライアウトがうちのグラウンドでありますが、他大学のTRもたくさん来ると思うので、交流がもてればいいなと思っています。来られる方いればどうぞ声をかけてくださいね。
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-27 00:32 | Life

一期一会

今日、たまたまテレビをつけたらやってた。すげータイムリーで面白かった!
HPでこんな紹介されてたので載せてみるね!!

この番組は、現実には知り合うことのありえない“対極”の若者2人の出会いを追いかけます。一般公募で選ばれた若者“イチゴくん”が、日常では踏み入れない若者の現場を訪問します。
“イチゴくん”と相対するのが、正反対の考えを持つ若者“イチエ”さん。“イチゴくん”と“イチエさん”が、お互いに異なったライフスタイルや異文化を肌で感じることで、2人の若者がどう変化していくのか、価値観の壁を乗り越えられるのかを追う“出会い旅”の番組です。

で、今日はサラリーマンとフリーターで映画監督を目指している二人が出会ったわけ。
その中で映画監督の卵が強く言っていたのは、
「歯車になるなんて嫌だ。俺は一番上で歯車を動かす立場でありつづけたい。
それに対して、23歳サラリーマンは
「歯車でも自分がやりたいことを成し遂げるためであればそれでいい。
 歯車は歯車でもどの歯車になるか、その歯をどれだけ大きくできるか」だと言ってた。

歯車という言葉は個人的には嫌いだなぁ。別にサラリーマンが操られて言われたことをやらされているわけでないしね。最近、就活を少しして同年代の人とグループディスカッションをするけど、すごくしっかりしていたり、自分のビジョンを持っている人に多く会います。
今の状況は、この二人のどちらの立場に行くか、どちらがいいのか悩んでいる感じ。
どちらかの人生を選べば、もう一つの人生は知らないまま。そう思うと、どちらが正しい道なんてのはわかりませんね。今はどちらの人生にも魅力を感じます。どっちの環境でもわくわくできると思うし、自分のやりたいことは見つけられると思っている。さあ、一度の人生どうしようか??
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-10 00:51 | Life

自分の中の嫌な部分

最近、少し疲れ気味・・・。周りからも言われるくらい顔に疲れがでているみたい。
この数週間はやるべきことが多くて、それに手一杯な状態。
なにか物事がうまく行かないと誰かのせいにしてしまうというのはよく聞くけど、
今そんな状態になっている自分がとても嫌いです。
すべての責任を負う立場になって、誰かのミスはすべて自分のミスになる状況になってから、
自分が責められるからか、相手の不足している部分ばっかりみてしまう人間になってしまっているような気がしてイライラすることが多い。
「なんでできないの?もっと考えろよ」そう追求してしまうばっかりで、あまり相手の立場に立つことができていないのだなと感じます。
この間、4年のミーティングで「皆が皆、本気でトレーナーを目指しているわけではないし、
おまえと同じ考えやモチベーションを持っていると思わないほうがいいよ」と選手から言われました。
確かにそうなのかもしれないな・・・。その場では、意地を張っていたのか受け入れようとしなかったけど、もう数日この言葉が頭から離れない。
Unitのトップとして、どういう環境が後輩にとって一番いいのか。この状況でこの言葉をかけることが果たして一番いい選択肢なのか。自分の考えを中心に物事を言うわけだけど、それがじゃあ一番いい考えなのか。全てに疑問が沸いているのがここ最近です。どうすればいいのかわからないといった方がいいかもしれません。
僕自身、上級生には厳しくしてもらって育ててもらったので、厳しさは絶対に必要だと思っています。
たとえ、下級生が納得していなくともそういう場は必要なのだと。
でも、最近はそれが裏目にでる傾向にある。昔と比べて変わってきたのかもしれない。
相手の気持ちが実際どう感じてどう考えているかなんてはっきりわからない中で、やはり行動や姿勢というものはそれをとてもうまく表してくれるものだと思います。
今は過剰に、相手がどう思っているか考えて言動しているのかもしれない。
自分が信じていることを相手がどう思うかを考えるばかりでなく、伝えることがやはり大事だと思います。
そうすれば、相手はわかってくれるはずです。少ない人数で毎日活動する中でなにがBetterなのか。
こんなこと考えてても、明日はすぐくるわけで話すわけで。
もう寝ます。少し書いてすっきりしたかな!?
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-08 01:30 | Life

モチベーション

久しぶりの更新となってしまった理由はインターネット接続ができなくなってしまってたからなのです。理由がわからず、NTTにお問い合わせ!ウイルスにやられたのではないでしょうか??とさらっと言われたけど、そんなに簡単にかかるものなのか?他はすべて普通ですので。もう一度設定をし直したらすぐに使えるようになりました。なーんだ、たいしたことはなかったみたいです。
今日も朝、教育学部の入試があったので、合格祈願の飴配り!!受験者が多いのか、飴はすぐ配り終え握手でひたすら励ましまくりました。やっぱり握手して頑張ってと声をかけるだけで心が温まります。こちらが温まってるだけじゃダメなので、受験生がその瞬間だけでもリラックスできていたらうれしいです。
その後は、OB訪問兼就活に行きました。「モチベーション」を扱っている会社とでも言えばいいのでしょうか?お話を聞いて会社にはもちろん興味が出ましたが、OBの方の人間性に惚れました。この方と一緒に仕事ができたら面白いだろうなと。今度、27日に説明会兼選考会に行ってきます。就活といっても留学が基本目指すところなので、ここ1本です。もう就活一切しましぇーん(笑)
今日の話の中で「確かになぁ」と思ったことがあります。
モチベーションの高さ=目標の魅力×危機感×達成の可能性
自分の留学に当てはめてみると、
目標の魅力・・・〇 しっかりとしたカリキュラムでATCになれる。
危機感・・・・・・・〇 皆が周りで就活している中で留学の準備がなかなか進んでいない。
達成の可能性・・・・× 今の英語などのレベルを把握していないので、わからない。
こんな感じでしょうか???
モチベーションがなかなかあがらないのは「達成の可能性」が見えないため。
TOFELをまず受けて、現状を把握して可能性をリアルに確認することが一番しなくてはならないことのようです。
[PR]
by ichiharatr | 2007-02-19 22:32 | Life

ゆったりのんびり

最近、PCの状態が最悪でフリーズの嵐。せっかくBlog書こうとしても途中で言うこと聞かなくなるから、書くのが少し億劫になってました。今日はOFFだし、慎重に書こうかね。
テスト終了~ヤッホーイ!!これで、部活と自分の時間がうまく取れます。今日は朝に東伏見のサウスカフェでスーパーボール見てから、学校行きました。朝からゆったりハンバーガー食べながら、NFLの選手の身体能力に驚かせられ、こういう時間はリフレッシュにはいい時間なんだよね。やっぱりスポーツ大国アメリカの中でもスーパーボールは別格だね。スケールが違う。
将来、あの大観衆の前での試合をサポートしたいなー。アメリカンドリームですね。まずは、カレッジフットボールを見ることが最初の目標です。
留学の準備は、先日うちの大学のATCの先生に相談をして、まずは学校を具体的に決めようという話になりました。学部、院それぞれ3,4校あげてみようと。今はそんなに大学でプログラムに良し悪しはないだろうということで、FootballがDⅠに所属していて、学費が安く、CAAHEP認定のプログラムがある所で絞ろうと思います。そして、パスポートを早く作りに行かなくては!
[PR]
by ichiharatr | 2007-02-05 20:15 | Life