今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

カテゴリ:Study Memo( 1 )

Astronomy★Comets★

今日は平日TOEFL勉強会でした。WritingとReadingを中心に行って、Readingに関して今日は準備をしました。それぞれ読解は皆やっているので、勉強会内では背景知識をつけることを念頭に、あまりボリュームが多すぎない問題を解き、そのTopicに関してわかりやすく説明をし、皆で共有することが出来ればいいなと考えています。これからは、ローテーションでうまく準備する人を変えていき、たくさんのTopicに触れることを目標に!!
準備をしている段階で、最初は各自の専門のTopicで準備をすればいいかなと考えていました。例えば、私なら医学、健康、生理学などは背景知識は十分なほどあるわけです。当然、そういうReadingの問題がでれば全く知らない分野よりかは格段に理解しやすい。
でも、準備する側としてはすでに知っている知識を知らない人にまとめたりするわけで、あまり自分自身へのプラス面が少ない。そこで、自分があまり知らない分野、それでいて興味があるものを準備することで、調べるだけでも準備する側にも新しい知識が入ることになります。
なので、そんな風にやっていけたらいいなと考えています。
今回はAstronomyからCometsを題材にしました。知るととても面白かったですよ!
これで、彗星に関するものが出たら完璧かな!?
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
彗星(Comet)は尾が伸びる姿から箒星(ほうきぼし、彗星、帚星)とも呼ばれる。
彗星の本体は核(Core)と呼ばれる。
核は純粋な氷(Ice)ではなく、岩石質および有機質の塵(dust)を含んでいる。
このことから、彗星の核はよく「汚れた雪玉(a dirty snowball)」に喩えられる。
f0121536_0103181.jpg

太陽から遠いところでは、低温のため核は全て凍りついており、地球上から見てもただの恒星状の天体にしか見えない。
しかし、彗星が太陽に近づいていくと、太陽から放射される熱によって
その表面が蒸発し(evaporate)始める。
蒸発したガスや塵は、非常に大きく、極めて希薄な大気となって核の周りを球状に覆う。    そして、太陽からの放射圧と太陽風(the solar wind)により、太陽と反対側の方向に尾(tail)が形成される。 尾には、二つある。
Dust tailという塵や金属から構成された白っぽい尾。
Ion tailという、イオン化されたガスで構成される青っぽい尾。
Dust tailは曲線状となる。これには、核から放出された塵が独自の軌道で公転するようになり、徐々に核本体から遅れていくため、また、太陽の自転により太陽風が渦巻いていたり、太陽の光の圧力(光圧)の影響なども受けるためなどの理由がある。
これに対してIon tailは、ガスが塵より強く太陽風の影響を受け、太陽の引力よりも磁場に従って運動するため、太陽のほぼ反対側に直線状に伸びていく。ただし、太陽風の乱れによって、時には折れ曲がったりちぎれたりするなど、激しい変化を見せることもある。
「彗星が太陽に近づく」⇒「太陽の熱が彗星の氷を溶かし、蒸発する」
⇒「塵が飛び散る」⇒「中心部から流れ出る」⇒「太陽からの風で吹き飛ばされる]

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
こんな感じで勉強部屋としてもBlog使っていきやーす!!
[PR]
by ichiharatr | 2008-05-09 00:36 | Study Memo