今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Amazing

無事、福岡に到着しました。
20時から武田院長が行うPialtesのLessonがあるということで、それまでリラックスタイムです。空港に着くやいなや寒すぎ(泣)。ホテルで部屋まで案内してくれた綺麗な女の人も、ここ数日で寒くなったと言ってました。東京から来るお客さんは大抵福岡の方が暖かいねえというみたいです。
午前中は病院で見学をさせてもらいましたが、これだと思いました。
指導者講習会を受けている生徒さんが試験のために練習をしていて、その光景を見ていたのですが、凄すぎ!簡単に見えて実際とてつもなく難しいポーズを指摘し合いながらやっていました。Pilates専用の器具を使って、肩甲骨の上方回旋・下方回旋を下角の動きをサポートしてあげたり、肩甲上腕リズムに乗っ取った順番で筋肉が活動しているか細かくCHECKしています。それを行う間ずっと呼吸は意識されたまま。自分が選手に対して思い描いているアプローチが目の前で実践されているわけです。
興奮せずにはいられません。
中華料理を昼食べに行きましたが、そこで院長のPilatesに対する熱い話が聞けました。
自分の考え方にとても近い。今日の午前中だけで将来のビジョンが一気に具体的になりました。
この後、Lessonを見学して夕食。同じように見学にきている福岡大のスポ科の方ともご一緒できることになりました。
また、明日、明後日の起こったことも書いて、私がどのようなアプローチを選手にしたいのかを
その後書きたいと思います。では~。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-29 18:42 | school

Flight Plan

今日はこの辺で寝ようと思います。
明日、4時半起きなんです。朝が弱い僕には応えます。
7時半に羽田を離陸。9時20分くらいに福岡に着く予定です。久しぶりに離陸の時のGを体感できます。あれ、好きなんだよぇ。
福岡には前にも書きましたが、卒論の一環で病院訪問をします。
その名も「武田スポーツ&栄養クリニック」。
f0121536_22475735.gif

病院に併設してPilatesが行える施設があります。実際に医療のリハビリに取り入れているわけです。前から、絶対にリハビリとして使えると思ってました。呼吸法をしっかりと行って、身体と心の調和ができます。個人的には、過換気症候群になりやすい選手に呼吸法を教えて、自身でコントロールをさせることができないかと考えています。また、腹横筋など腹式呼吸を中心に鍛えていけるので腰痛の選手の細かい筋肉を意識させて緩めるということにも効果があるのではないかと思います。いろいろ疑問点はあるので、しっかり聞いて卒論の内容をさらに突き詰めたいと思います。
f0121536_22464083.jpg

また、NATAのATCをお持ちでPilatesをアスリートのポストリハビリから競技力向上まで活用しようと考えていらっしゃって、この病院のPilates講習会にも参加している方ともお会いできます。先日書いたようにまたモチベーションがあがること間違いないです。
31日から京都に3日までいるので、PCでのやり取りは難しいかな!
それでは、行って参りまーす。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-28 22:52 | school

Dream

最近、PCの調子が悪くフリーズしまくりです。せっかくBlogも作ってる最中に言うことを聞いてくれなくなります。今も慎重に作成中。
昨日は選手のリハビリのため、OFFではありますが東伏見まで午前中行ってまいりました。
二人見たのですが、両方術式は違うものの肩のOpe後のリハです。最近は肩を見る機会が急に増えて、エースQBの肩も見ていくことになったのでこのOFFに知識アップ必須です。
高校球児だったこともあって、やっぱり肩は興味大。一番難しい部位ではありますが、一番しっかり評価・リハができるようになりたい部位でもあります。Blogを利用してまた知識の整理をしようと思います。
午後からはH大アメフト部4年の学生TRの方とお会いしました。
もともとWeb上で知り合ったのですが、同じ学年で留学も考えているということで情報交換をできる場を持てればと思ってました。国分寺のスタバで話しましたが、初対面で話せるかわからないという不安も、そんなことはどこえやら、気づけば3時間ぶっとうしで話してました。
お互いのチームのTR Unitのこと、後輩の指導や留学のこと。共感できることが多く、同じ悩みを持っているところもあるのだなと感じました。留学に関しては、彼女の方が説明会などに足を運んで動いている様子。負けずにこのOFF Seasonに具体的準備を進めようと思います。
英語はお互い頑張りましょう!!まずは勉強の習慣からね!
今年はアメフトのワールドカップが日本で行われるので、IVY-Samurai Bowlはないようです。すごく楽しみにしていて、他大のTRと交流が持てると思っていただけに残念。
自分で積極的にこういう場を作って、いい部分は吸収していこうと思います。
OFF中に京都にもいくので、R大アメフト部4年TRにもお話できる機会を作れました。

自分のまわりに同じような夢を持った人間が少ない分、こういう機会があるとモチベーションは一気に上がって、やっぱりこの道で生きていきたいという気持ちに気づかされます。
どうやったら夢を叶えられるか。心で思っているだけでは、現実にはなりません。
具体的に動いていこうと思います。会ってお話できる方がいれば、ぜひ話しましょう!
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-28 08:57 | Athletic Training

8C

学会1日目で一番興味深かったのは、「ラグビー選手に必要な心理サポート」という題目で、筑波大ラグビー部部長で以前監督もなさっていた中川先生のお話でした。
そこで出てきたのが、ピークパフォーマンスを達成するための8Cというものです。
Commitment  積極的取り組みの姿勢
Confidence 自己への信頼
Controlling activation 覚醒レベルの調整
Coping with pressure プレッシャーへの対処
Concentration 集中力
Cohesive team チームへの責任感
Captaincy キャプテンシー
Communication  コミュニケーション

この中で、Confidenceに関して
「自信を持て」といわれて、果たして自信がもてるのかということ。
何か成功という体験が無ければ、自信はうまれないのである。その成功をじゃあどこに見出すか?練習前に個人で目標を設定して、クリアするとすればそれを成功とする。
その積み重ねが、試合前の最前の準備につながるということ。

次に、Controlling activationに関して
「死ぬ気でやれ!」といわれて、モチベーションが果たしてあがるのか?
抽象的で死んだこともないのにその気持ちは分からないのである。
個人でモチベーションをあげなくてはいいパフォーマンスが生まれないものや、少し抑えてあげてほうがいいパフォーマンスが生まれるものなど違いがあるはずなのだ。
個人で最適な覚醒レベルの特定や試合前のルーティーンの確立が必要ではないかということ。

この2点に関しても、試合までに行っていたかどうかで試合をする以前に力の差がでてしまうのではないかということだ。

来年、勝てるチームを作っていくために取り入れることができるものはどんどん取り入れて、変化していかなくては勝つチームはできない気がします。
このOFF中にどうすればチームが勝てるのか、そのチームにはどんかTR Unitが必要とされているのか考えようと思います。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-26 19:24 | Athletic Training

Priceless

クリスマスもあっという間に過ぎてしまいました。
去る23日の納会では、プレゼントを渡すことができましたよ!
東さんのインタビューで頭に残っているものがあります。
「活ける花は長く楽しむものではなく、その瞬間瞬間を感じてほしい。    例えば、その花を見た相手がそれを見たとき、わーすてきって喜んでくれる。  また、その花を部屋の一角に置いたとき、その場の空気がパッと明るく輝いて皆が幸せになる。その瞬間の積み重ねが花なんだ」
その言葉どおり、喜んでくれたのではないかと思います。
f0121536_18311269.jpg

青紫・黄色・赤とそれぞれのイメージに合わせて作ったのがこれです。また、個人的に花と向き合う時間を作れればと思います。
そして、昨日・今日は日本フットボール学会へ行ってきました。興味深い内容がたくさんあったので、別で書こうと思います。今、4年としてチームの目標や基本的にどういうチームを目指してやっていくかを話し合っていることもあって、プラスで取り入れたい内容もありました。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-26 18:55 | Athletic Training

Inspiration

それは20日のことだった。明日23日に部活の納会で3人の女性の先輩に渡すプレゼントは何がいいか考えていた所、頭にすぐ浮かんだのが                            東 信(アズマ マコト)さんの顔だった。そう、彼に出会ったのはかなり前のTV番組「情熱大陸」の花屋として紹介されたときだった。
それは衝撃だった。花を「たかが花」と扱われたことに涙を流して、花に対してのイメージを変えてやる、そう熱く語っていた姿に心を揺さぶられたことを今でも覚えている。
あれから、大切な人に何か送る機会があれば、東さんの店で自分でフラワーアレンジメントをしようと心に決めていた。それが実現したのが20日だった。
f0121536_6212946.jpg

銀座の一等地にあるその店は
           JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)。
フランス語で「花園」を意味する花屋なのである。
後輩を連れて店のあるビルの地下におりていき、店に入った。
そこには真っ白い空間が広がっていて、置いてあるのは花瓶や机、棚といったモノだけである。
そこには「花」がない。いつもとは別世界に来た感覚におちいった。机の上には、3人の先輩のイメージを伝えてから用意してもらった3色の花が置いてあり、真っ白な中で輝きを見せていた。その日、教えてくれた先生は椎木俊介さん。人生の中で出会えてよかったな、そう思わせてくれる人だった。そこからの2時間はあっという間で後輩と二人、気持ちをこめて一心不乱に一気に作りあげた。誰かのために、相手のことを思いながら、もくもくと作り上げていく。そんな時を過ごせたことが純粋にうれしかった。明日、納会で三人が喜んでくれれば最高です。あの時いう機会がなかった「ありがとう」をより伝えられれば何よりです。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-22 06:41 | Life

What's the schedule for vacation?

OFFにやっと突入しましたが、新4年は23日の納会を目標に来年のチームのあり方を決めるべく連日のミーティングです。23日は納会。旧4年ともまた再開できるので、しっかり「ありがとう」を伝えようと思います。引退になった最後の試合後は選手を病院に連れて行ったのでろくに話もできず、寂しい思いをしたんだもん。今度こそは。
納会での贈り物はとっておきをご用意しますよー。大切な人には「これ」を送ろうと前から決めていた代物です。20日に準備するので、またその時の様子はアップしますね。

25,26日は日本フットボール学会に出席します。あまりアメフトネタはなさそうだけど、シーズン中は落ち着いていろいろな考えを頭に入れる余裕も時間もなかったので、すごく楽しみです。
トレーナー関係の方とも何人か会えそうなので、そちらも楽しみ!

29日からは羽田を飛び立ち、福岡へ。九州発上陸です。卒論のテーマを「Pilatesとリハビリテーション」で書こうと決めてから、準備を進めています。今回は実際にPilatesをリハビリに応用している日本でも数少ない病院を訪問してきます。ここでは、Pilatesの指導者講習会も行っているそうです。メールで連絡を院長と取り合う中で、ATCで講習を受けている方がいるということで29日の夜に3人で食事の場を作ってくださいました。待ちどうしいです。

31日に福岡をあとにして京都へ。
祖母の家に久しぶりに帰ります。3日までゆっくりしてきます。
3日に東京に戻ってくるので、またドームによってアメフト日本一を見届けることにしましょう!
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-19 03:16 | Life

Step by Step

今年も残りわずかになり、大学生活もあと一年。
自分が目指すべき道もしっかり考えなくてはいけないと思いつつもできなかった今年。
来年一年は、今だからできることは全部やって、自分をわかった気になるのはやめて、変わろうと思います。そして、夢に近づきたいと思います。

Blogを書こうと思ったのは、他の人のBlogから多くを学んだからです。
人それぞれいろいろな考え方を持っていて、共感も反論もできるけど、
自分の気持ちが相手の気持ちと出会うのは、とても大切なことだと感じています。

今、本当に四六時中考えてても飽きないAthletic Trainingという世界に出会えたことは運命だったと思うんです。
だから、もっとこの世界に飛び込んでいきたい。
そのために今年はこの年末から少しずつできることをやっていこうと思います。
さぁ、一歩ずつ前へ。
[PR]
by ichiharatr | 2006-12-18 02:12 | Life