今年はアメリカへ渡りアスレティックトレーナーを目指します。TOEFLや留学準備の毎日です。ichihara0707@gmail.com    


by ichiharatr

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関東選抜トライアウト

毎年、IVY-SAMURAI BOWLがあって4年は他大のTRと一緒に活動する機会があって
うらやましく思ってました。f0121536_2310585.jpg
今年は自分が行く番だと張り切っていた中、World Cupのため今年はないという悲しいお知らせが・・・
しかーし、ここでうれしいお知らせが舞い込んできました。今年はそのかわりに「関東選抜VSAll JAPAN」があるというではありませんか。うれしいことにTRも4年はサポートできることになりました。そして、明日は我が東伏見のグラウンドでトライアウトが行われます。Run-U、メージまでやるそうです。ホストということで準備をしっかりしなくてはなりません。関東選抜のヘッドトレーナーは法政の方なので、うまく連携をとって進められればいいと思っています。明日は他大のTRの仕事ぶりやテーピングなどいろいろ楽しみなことが多いので、今からわくわくしています。うちのチームからも何人かでるのでぜひ次のトライアウトに進めるよう頑張ってほしいです。法政の学生ヘッドトレーナーとはかなり仲がいいので、連絡を取ったけど明日は遅れてくるよう。アップを任すかもしれないと言われてしまいました。もし、やることになれば気合入れてやりたいと思います。WのTRの代表でもあるしね。頑張っていきましょう。
朝は入学式があるので勧誘です。なかなかヘビーな一日になりそうです。 
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-31 23:26 | Athletic Training

ネットワーク

最近は多くの人と会う機会が重なって、改めて人脈の大切さを実感しています。先週の土日はJATOのセミナーに行ってきました。自分が目標としている方の講演だったので、部活も休ませてもらって勉強です。懇親会もあったのですが、学生は自分くらいで皆ATC。いろいろ留学の話など相談に乗って頂きましたが、やはりこの方々の仲間入りをしたいというのが今の気持ちです。皆さん、もうプロで活動している方ばかりですが、身体のことに関してずーと勉強している感じ。皆、わんぱくな子供のように話は盛り上がっていました。講演には学生の方の何人かいて、新しい交流がもてました。今日はその時お会いした方からメールも着ていましたよ。こういうところから人脈は広がっていくのだなと感じます。
今日は、ATを目指して今年関西の大学にいくタイシンの後輩と会いました。タイシンの先生からATとはどんなものかアドバイスでもしてくれないかということで、かなり長く話してしまいました。自分の入学当時と被って、なつかしくまたすごい熱意のあるやつだったので、これから頑張ってほしいなと思います。
夜は、大学アメフトの学生TRと飲みにいきました。最近では一番考え方も近くいろいろ聞いてくれるので、長々俺の話を聞いてもらいました。今日は4時間も。まぁ、勘弁してください(笑)
人と話すのは本当に面白いです。初対面の人は特にね。話す中でその人のことが少しずつわかっていくのが楽しいです。
4/1には関東選抜のトライアウトがうちのグラウンドでありますが、他大学のTRもたくさん来ると思うので、交流がもてればいいなと思っています。来られる方いればどうぞ声をかけてくださいね。
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-27 00:32 | Life

一期一会

今日、たまたまテレビをつけたらやってた。すげータイムリーで面白かった!
HPでこんな紹介されてたので載せてみるね!!

この番組は、現実には知り合うことのありえない“対極”の若者2人の出会いを追いかけます。一般公募で選ばれた若者“イチゴくん”が、日常では踏み入れない若者の現場を訪問します。
“イチゴくん”と相対するのが、正反対の考えを持つ若者“イチエ”さん。“イチゴくん”と“イチエさん”が、お互いに異なったライフスタイルや異文化を肌で感じることで、2人の若者がどう変化していくのか、価値観の壁を乗り越えられるのかを追う“出会い旅”の番組です。

で、今日はサラリーマンとフリーターで映画監督を目指している二人が出会ったわけ。
その中で映画監督の卵が強く言っていたのは、
「歯車になるなんて嫌だ。俺は一番上で歯車を動かす立場でありつづけたい。
それに対して、23歳サラリーマンは
「歯車でも自分がやりたいことを成し遂げるためであればそれでいい。
 歯車は歯車でもどの歯車になるか、その歯をどれだけ大きくできるか」だと言ってた。

歯車という言葉は個人的には嫌いだなぁ。別にサラリーマンが操られて言われたことをやらされているわけでないしね。最近、就活を少しして同年代の人とグループディスカッションをするけど、すごくしっかりしていたり、自分のビジョンを持っている人に多く会います。
今の状況は、この二人のどちらの立場に行くか、どちらがいいのか悩んでいる感じ。
どちらかの人生を選べば、もう一つの人生は知らないまま。そう思うと、どちらが正しい道なんてのはわかりませんね。今はどちらの人生にも魅力を感じます。どっちの環境でもわくわくできると思うし、自分のやりたいことは見つけられると思っている。さあ、一度の人生どうしようか??
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-10 00:51 | Life

自分の中の嫌な部分

最近、少し疲れ気味・・・。周りからも言われるくらい顔に疲れがでているみたい。
この数週間はやるべきことが多くて、それに手一杯な状態。
なにか物事がうまく行かないと誰かのせいにしてしまうというのはよく聞くけど、
今そんな状態になっている自分がとても嫌いです。
すべての責任を負う立場になって、誰かのミスはすべて自分のミスになる状況になってから、
自分が責められるからか、相手の不足している部分ばっかりみてしまう人間になってしまっているような気がしてイライラすることが多い。
「なんでできないの?もっと考えろよ」そう追求してしまうばっかりで、あまり相手の立場に立つことができていないのだなと感じます。
この間、4年のミーティングで「皆が皆、本気でトレーナーを目指しているわけではないし、
おまえと同じ考えやモチベーションを持っていると思わないほうがいいよ」と選手から言われました。
確かにそうなのかもしれないな・・・。その場では、意地を張っていたのか受け入れようとしなかったけど、もう数日この言葉が頭から離れない。
Unitのトップとして、どういう環境が後輩にとって一番いいのか。この状況でこの言葉をかけることが果たして一番いい選択肢なのか。自分の考えを中心に物事を言うわけだけど、それがじゃあ一番いい考えなのか。全てに疑問が沸いているのがここ最近です。どうすればいいのかわからないといった方がいいかもしれません。
僕自身、上級生には厳しくしてもらって育ててもらったので、厳しさは絶対に必要だと思っています。
たとえ、下級生が納得していなくともそういう場は必要なのだと。
でも、最近はそれが裏目にでる傾向にある。昔と比べて変わってきたのかもしれない。
相手の気持ちが実際どう感じてどう考えているかなんてはっきりわからない中で、やはり行動や姿勢というものはそれをとてもうまく表してくれるものだと思います。
今は過剰に、相手がどう思っているか考えて言動しているのかもしれない。
自分が信じていることを相手がどう思うかを考えるばかりでなく、伝えることがやはり大事だと思います。
そうすれば、相手はわかってくれるはずです。少ない人数で毎日活動する中でなにがBetterなのか。
こんなこと考えてても、明日はすぐくるわけで話すわけで。
もう寝ます。少し書いてすっきりしたかな!?
[PR]
by ichiharatr | 2007-03-08 01:30 | Life